自分で家系図を作りたい方、戸籍取得・家系図作成を専門家に依頼したい方のためのサイトです
1000年をたどる家系図の作り方 1000年たどる家系図作り方 1000年 家系図 お問合せ 家系図を作る 全国対応・相談無料
家系図 1000年
 家系図作成サービスのパンフ
 レットを作成しました ※無料
家系図作成 資料

先祖を千年、遡る
先祖を千年、遡る
(幻冬舎新書)

行政書士 丸山 学

家系図 丸山学

【マスコミ掲載】
 家系図作成 丸山学
 産経新聞の記事を読む NHKおはよう日本
(H24.2.22放送)
家系図作成 丸山学
産経新聞の記事を読む 産経新聞の記事を読む
(H21.8.25付)
家系図作成 丸山学
DIMEの記事を読む DIMEの記事を読む
2009.11.17号

無料メルマガ『自分のルーツ(祖先)を1000年たどる技術』ではリアルタイムで丸山学の家系調査の実践例を読む事が出来ます。
先祖探しにご興味のある方は是非、登録をお忘れなく!

家系図を作って先祖を1000年たどる技術
家系図を作って先祖を
1000年たどる技術

(同文舘出版)

全国対応・相談無料購入・詳細はコチラ
「はじめに」の部分を無料公開中
家系図作成
家系図作成
家系図作成
家系図作成
家系図作成
家系図作成ご依頼に関するQ&A

   丸山学が発行する無料メルマガ『自分のルーツ(祖先)を1000年たどる技術』では、
  ↓ リアルタイムで丸山学の家系調査の実践例を読むことが出来ます。
  ↓ 先祖探しにご興味のある方は是非、こちらの登録をお忘れなく!

====================================
 自分のルーツ(祖先)を1000年たどる技術  第129号(2015年11月18日)
                                       ※読者数 7,929人
 ■ ■■■ ■■■ ■■■
 ■ ■  ■ ■  ■  ■  ■  ※自分のルーツを1000年たどる
 ■ ■  ■ ■  ■  ■  ■   ノウハウが満載↓
 ■ ■■■ ■■■ ■■■   http://www.5senzo.net/ 

        ★ご先祖調査の基本は「戸籍取得+地名辞典」から★
====================================

 1.家系図ニュース 〜「まぐまぐ大賞2015」の投票開始!
                      応援よろしくお願いいたします〜

 2.ご先祖調査の基本は「戸籍取得+地名辞典」から

====================================
 1.家系図ニュース 〜「まぐまぐ大賞2015」の投票開始!
                      応援よろしくお願いいたします〜
====================================
 
こんにちは、行政書士の丸山学です。

当メルマガの読者数も、おかげさまで8000名に近づいてきました。多くの方に読んでいただけると、執筆する元気も倍増します。ありがとうございます。

ところで、当メルマガは昨年の「まぐまぐ大賞2014」の教育・研究部門で5位に選んでいただけました(応援いただいた皆様、本当にありがとうございます)。実は、昨年はそのような投票がある事も知らず、突然にまぐまぐ編集部から連絡があり非常に驚いた記憶があります。

今年も投票が開始されたようです。
もし、よろしければ当メルマガを推薦していただけると励みになりますし、ご先祖探しの魅力を多くの方に知っていただけると思いますので、よろしくお願いいたします。

投票方法は簡単で、下記をクリックしていただき画面右上にある「このメルマガをまぐまぐ大賞2015に推薦する」というバナーを押していただき、後は指示に従って推薦理由の選択をしてニックネーム(匿名でOK)を記入するだけです。

■ここから⇒ http://www.mag2.com/m/0000268756.html
※右上の「このメルマガをまぐまぐ大賞2015に推薦する」をクリック

        ■重版(3刷目)『先祖を千年、遡る』(幻冬舎新書)
         ※目次・購入⇒ http://www.5senzo.net/book-senzo.html
         ※各電子書籍ストアでも購入できます

  ◆家系図作成サービスの概要⇒ http://www.5senzo.net/6ir.html
     ---------------------------------------------------
     ※調査範囲を戸籍取得だけに限るリーズナブルなコース
       ⇒ http://www.5senzo.net/60.html
           戸籍4系統+歴史探訪報告書コース
           戸籍2系統+歴史探訪報告書コース
           戸籍1系統+歴史探訪報告書コース

     ※戸籍を超えて徹底的に文献調査・現地調査も行うコース
       ⇒ http://www.5senzo.net/62.html 
           200年たどるコース
           400年たどるコース
           1000年たどるコース
     ---------------------------------------------------

  ◆『ご先祖探し実況生中継ツイッター』⇒ https://twitter.com/marujimu/
  ◆丸山事務所特製『ご先祖探しスーパーデータベース』(日本の先祖データ)  
                    ⇒ http://www.5senzo.net/9sdb.html

====================================
 2.ご先祖調査の基本は「戸籍取得+地名辞典」から
====================================

私の方はご依頼を頂き、ご先祖調査を行う日々です。

(おかげ様で多くのご依頼をいただいており、現在ご予約をいただいた場合には来年5月頃にスタートさせていただく形になっています。詳しくはサイトで)

戸籍で分かる範囲(おおむね幕末くらい)を超えて、さらに古文書や墓石調査等も行うコースでは実際にご依頼人家の古い本籍地に赴き現地調査も行います。但し、ご先祖調査の基本はまず「戸籍取得+地名辞典」です。これをきっちりやらずに現地に出向いても無駄足になりかねません。

戸籍は自身から遡って取得していき、役所の方で「これ以上古い戸籍はもうありません」と云われるまで取り進めます。最古の戸籍を取得したと思っても、まだそれ以前がある場合もあります。

最古と思われる戸籍の戸主の事項欄をよく見ていきますと「明治21年3月1日○○村から転籍」などという記載がある事もあります。特にその転籍元の○○村が遠隔地の場合には、最古と思っていた戸籍を取得した役所からは「これ以上はありません」と云われても、それは「これ以上はウチの役所には残っていません」という意味ですから、その○○村を管轄する現在の役所に別途、戸籍を請求していく必要があります。

このようにして、本当にこれ以上は取得できないというところまで執拗にやっていきます。
そこまでして初めて、ご先祖様の最古の本籍地が確定できます。(意外と聞いていたのとは違う村だった〜なんていう事もあります)

そうして自家の最古の本籍地が確定できたら、次は地名辞典でその村(町)の事をよく調べます。地名辞典というのは、鎌倉時代から現在(出版時)までの全国の行政区分であった。地名が網羅されていて、その土地について詳細な解説があるものです。戸籍に出てくる地名であれば、現在は消滅しているものでも必ず出てきます。

主だったものとしては、角川書店から刊行されているものと平凡社から刊行されているものがあります。私は角川書店の『角川日本地名大辞典』(全47巻+別巻)を全て購入していますので、戸籍取得が終わるとご依頼人家の最古の本籍地についてすぐ調べ始めます。
 (図書館にも大抵はあります)

それを見るだけでも、その土地について「○○藩の武家地」という事が記載されていてご先祖様の姿が何となく見えてきたり、戦国時代には山城が存在していて城主はご依頼人家と同じ名字であったりという情報を得られます。また、その村の検地帳が残っているかどうか等も分かる場合が多いです。

これをしないで、戸籍以上のご先祖様に関する調査をしようとすると非効率的な事になり、日数や資金が予想以上にかかり断念するという事態にもなりかねません。

ご先祖様について深く知ろうと思えば、まずは戸籍取得を最も古いところまで徹底的に行い、その上でその土地についての情報を地名辞典を使って知る。その手順だけ忘れないようにしていただければと思います。

家系図 1000年全国対応・相談無料「自分のルーツ(祖先)を1000年たどる技術」をもっと読む
   家系図作成サービス
家系図・資料請求  家系図・依頼問合せ
家系図作り方ページトップ
ホーム 事務所案内特定商取引法表示 プライバシーポリシー お問い合せ サイトマップ
Copyright(C)2008 株式会社丸山事務所 All rights Reserved.